悩まない離婚!問題と対処法

離婚相談における問題と対処法

離婚大国とも呼ばれる日本では連日離婚について悩んでいる人がいます。また、離婚を決断したとしても様々な問題に直面してどのように対処すれば良いのか分からないという声も少なくはありません。特に3つの大きな問題については対処法を把握しておいた方が良いでしょう。

離婚相談①親権問題

昨今のシングルマザーの多さからも分かるように離婚は身近で日常的なものになりつつありますが、その時に問題になるのが親権です。どちら側も主張がありますので中々話が進行しないことも少なくはありませんが、基本的には夫婦間での協議によって決められることですので時間がかかってもしっかりと話し合うべきです。しかし、親権問題が解決しないことには離婚もできませんので、どうしても話が進行しないときには離婚調停を申し立てて調停委員という第三者に間に入ってもらい、最終的には裁判所に判断してもらうことになります。経済力は大切なポイントではありますが、周囲に子育てに参加してくれる協力者がいるなど生活力も非常に大切なポイントですので、経済力がない女性が一方的に負けるということはありません。

離婚相談②女性の経済力を支える養育費

離婚の際に大きな問題となるのが養育費です。大抵は女性側が子供を引き取り男性側が養育費を支払うという流れになりますが、その際口約束だけで養育費を支払ってもらうという人が非常に多く、実際には期日になっても支払ってもらえなくて困っているというケースが後を絶ちません。こうした事態を防ぐには、必ず初めに誓約書など書面で誰が見ても分かるような契約を交わしておく必要があります。養育費の請求自体は養育者の権利ですので何の問題もありませんが場合によっては弁護士に依頼しなければならないこともありますので、請求しなければならなくなってもスムーズに遂行できるよう書面にしておくことが大切です。書面作成の際には弁護士に立ち会ってもらうことで有効性は強力なものになります。

離婚相談③子供との面会を決める

離婚で最終的に残る問題点は子供との面会ではないでしょうか。どうしても親権と経済について協議が先に行われますので疲弊してしまい忘れがちになってしまいますが、しっかりと決めておくべき項目です。中には好きなときに会いに来て良いという風にアバウトに決めてしまうケースありますが、例えば夫婦のどちらかが子供に対して暴力を振るうようであればやはり書面に面会についてしっかりと書き記す必要があります。また、これを破った場合についての罰則も同時に記しておくことも大切です。あまり深刻に考える必要もないのではと思う人もいますが、家に帰ると子供の姿がなく、探したら元夫が遊びに連れていっていたというケースもありますので軽視することはできません。